羽生結弦展 共に、前へ

2016年 宮城県岩沼市、千年希望の丘

羽生結弦展 共に、前へ

東日本大震災 あの日、そして今

2011年3月11日、東日本大震災。

当時16歳だった羽生結弦選手は宮城県仙台市で震災にあいました。

この展覧会では、

羽生選手自身の避難所での経験、

そして、羽生選手が被災地で出会った人々の「あの日」と「今」を伝えます。

未曾有の災害から10年

震災の風化が進む中、改めて震災について考え、

防災への意識を高める機会にしたいと願っています。

a notte stellata project